ずきしらずの実の効果と成分は?頭痛対策に役立つ成分を解説!

頭痛・偏頭痛を対策をするサプリメント「ずきしらずの実」はなぜ頭痛対策に役立つのか?
含まれる成分と効能の関係について詳しく解説します。

%e3%81%9a%e3%81%8d%e3%81%97%e3%82%89%e3%81%9a

ずきしらずの実の公式サイトには、成分ごとの効能がハッキリと書かれていないので、「何が頭痛に良いのか?」と思い、成分と効能を調べてから購入しました。

ずきしらずの実の全成分表

%e3%81%9a%e3%81%8d%e3%81%97%e3%82%89%e3%81%9a%e3%81%ae%e5%ae%9f%e6%88%90%e5%88%86

ずきしらずの実は、このように意外とシンプルな成分で作られたサプリです。

各成分の簡単な効能と説明

デキストリン:便秘解消・ダイエット・エキスの顆粒化

フィーバーフューエキス末:偏頭痛対策

オオイタドリエキス:痛みを取る働きがある

セルロース:食物繊維の一種

ショ糖脂肪酸エステル:マーガリン等に入っている乳化剤

酸化マグネシウム(にがり):血小板の凝集を抑え偏頭痛を予防する

微粒酸化ケイ素:乾燥剤

※赤字は頭痛対策が期待されるとする成分

頭痛対策に役立つ成分と効能

ずきしらずの実のには、頭痛の改善に役立つハーブや天然鉱物が含まれており、頭痛の改善に役立つと言われています。

夏白菊(フィーバーフュー)エキス

夏白菊には、炎症を抑え頭痛を和らげる働きのあるハーブで、セロトニンの放出を抑制したり、血流を改善する事によって頭痛の対策につながるとの事です。

古くから痛みや炎症を抑えるために使用していたと言われ、最近では片頭痛やリウマチ等に民間療法として使用されています。

大痛取(オオイタドリ)エキス

大痛取は、北海道のアイヌ民族の間で民間療法のために使用されていた薬草で、現在でも健康食品として親しまれています。

オオイタドリは「大痛取」と書き、文字からも辛い痛みを取ってくれる働きの薬草だという事が分かると思いますが、

鎮痛・抗炎症・抗アレルギー作用があると言われ、広くサプリメントに使用されています。

にがり

にがりには、血液の循環を良くするという効能が期待される成分で、豆腐等の食品にも使用されている私たちの生活に馴染みのある成分です。

片頭痛は、ストレス等の刺激により脳の血管が縮小した後に元に戻ろうとして拡大しすぎる事が1つ原因で、

にがりが頭痛対策に役立つと言われている理由は血管が収縮する物質に作用するからだと言われています。

ずきしらずの実の成分のまとめ

「ずきしらずの実は怪しい」と思って成分を調べましたが、シンプルな素材でできていて、怪しい成分も含まれていないと分かったので安心して購入する事ができました。

ずきしらずの実は、古来から民間療法に使用されているハーブや食品を使用した体に優しい頭痛対策サプリで

25日間の全額返金保証制度もあるので安心して使用する事ができます。

公式サイト:ずきしらずの実