クラウドソーシングのネットライターを止めた理由

プロクラウドワーカーが、ネットライターを止めた理由や闇の体験談を解説します。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8910

本ブログの筆者はプロカテゴリーに認定されたクラウドソーシングのライターでしたが、様々な理由で現在はクラウドソーシングを一部の高単価案件を除いて止めています。

辞めた理由1:単価が安すぎ場合が多い

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%899

単価が1文字0.1円なんて事も珍しくないタスク形式

クラウドソーシングの記事作成単価は、タスク形式と呼ばれる単価の安い形式の場合、

  • 500文字で100円
  • 500文字で50円
  • 1000文字で200円

のように非常に安い単価で仕事を募集している場合が多く、副業・アルバイト程度の収入にしかならない程度の収入で、タスク形式で食べていくのは、不可能であると言っても過言ではありませんでした・・・

単価はマシだけど面倒で安いプロジェクト形式

応募して採用されると仕事ができるプロジェクト形式は単価も1000文字で700円~1000円位とタスク形式よりは高いのですが、

依頼者と細かな連絡を行ったり、ある程度の質の記事を書いたりしなければならない上に、依頼者に気に入られないと次の仕事が無い場合もあるのでタスクよりも神経を使いました。

質の悪い依頼者の場合は、最初の契約に無いリクエストをドンドン追加し、それにかかった手間に対する対価を一切払わない方も居て、

手間や経費にかかった費用を請求すると逆切れされた事もありました。

辞めた理由2:グレーすぎる情報記事を依頼される

%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e8%a3%8f%e3%81%ae%e8%a3%8f%e3%83%ad%e3%82%b4

体験1:嘘の口コミサイトのコンテンツ作成依頼

クラウドソーシングをやっていて苦痛だった仕事の1つは、「使ってもいない商品の口コミを書く仕事」で、

内容は、依頼者の指示に従って商品・資格・サービスに1~5段階の評価を付け、意図的に一部の商品の評価を上げる文書を書くというもので、

  • A社→4~5点で褒めて下さい
  • B社→3~4点で褒めながらも欠点を上げて下さい
  • C社→2~3点で欠点を挙げながら褒めて下さい
  • D社→1~2点でけなして下さい

のような感じの依頼内容でした。

その記事の中では、犬も居ないのにドッグフードのレビューをしたり、聞いた事も無い資格の予備校に通っていたりする、20代女性なのに50代男性のフリをする事になったりして嫌でした。

体験2:知識も無いのにネットビジネスの情報商材の作成依頼

単価は良かったのですが、買ってもメリットが薄い&儲かるか疑問なお金儲けの方法(○○ユーチューバーとか)に関する情報商材の原稿を知識も無いのに書いた事がありました。

プロ認定をされてから、「高単価の仕事をして下さい・参考サイトを送るのでリライトして」と依頼があったので、深く考えずに承諾してやる事になりました。

依頼通り調べながら記事を書いていると、中身は何か?が分かってきて、「今の自分は人を不幸にする可能性の高い記事」を書いていると気が付き嫌になりました。

途中で降りようにも、契約を途中破棄すると悪い評価が付き、次の仕事に影響が出るのでやり通す事になりましたが、もうやらないと思います・・・

その結果ネットライターの記事の質は落ちる

単価の低い記事の質も低い

タスク形式の場合は単価が安いので、1000文字200円の仕事の場合、生活をするには1時間に3記事を書かなければならず、1記事辺りにかける事の時間は20分程度になってしまいます。

1記事20分ではロクなリサーチをする事ができずに、適当でいい加減な記事になってしまいます。

質を求める当サイトの記事は、同じ1000文字でも撮影やリサーチを含めると最低1時間以上の時間がかかっていますが、低単価のクラウドソーシングの場合は同じ文字数でもかけられる時間は20分が限度です。

高単価でもモチベーションが低ければイマイチ

高単価の記事は、依頼者もそれなりの質を求めていて、それなりの単価を提供してもらっているのでリサーチを行いしっかりとした記事を書く事ができますが、

クラウドソーシングのライターの仕事のほとんどは低単価な訳です・・・

高単価であっても、無意味な情報商材や嘘のレビューサイトの記事作成等の仕事は全く商品に興味や知識が無いので必然的に質も下がります。

サイト開設の理由と理念

「BeautyReview-パリジェンヌに憧れて」を開設した理由は、同じ商品レビューをするなら、利害関係無く、自分の本当の意見や体験で物事を伝えたいと思ったからです。

商品の事を悪く言いすぎると誹謗中傷に当る可能性も出てくるので、

微妙だと思った商品のレビューには「○○な人には向いていません」「ここは良いけど○○は問題です」のようなソフトな文言で評価しますが、感じた欠点や悪い評判をしっかりお伝えする事を心掛けています。

当サイトは、化粧品・健康食品・美容関係の商品を扱うレビューを中心としたサイトで、写真を多く使用する事で、できる限り本当の事を伝える事に注力しています。