シミ治療にかかるコスト・リスクは?効果的なシミの予防方法

実際にシミ取りレーザー治療を受けた経験を基に、シミ治療の値段・レーザー治療の仕組みとリスクを解説!

シミは虫歯と同じで、できてからの治療は痛くて費用がかかるので、虫歯と同じように日頃のケアが大切だという事を実感しました。

シミ取りレーザー治療の経過・体験談

当記事では、シミ取りレーザー治療のリスク・費用を解説し、医薬部外品を使ってできる家庭でのシミ予防方法をご紹介します。

シミ取りレーザー治療は大変!

シミ取りレーザー治療は、虫歯の治療と同様に痛みがあり、注射を使った麻酔を顔に打ってレーザーで肌を削ります。

シミレーザー治療の流れ

レーザー治療を行うとシミが無くなりきれいになりますが、痛み・費用・治療後のケア等の負担は大きく想像以上に大変な治療です・・・

金銭的負担が大きい!シミ1㎜×1㎜で6000円+税!

クリニックによって料金は異なりますが、安全性・技術の高さを売りにしたクリニックの場合は、

直径1mmのシミでも6000円程度かかってしまいます。

料金はシミが大きくなるごとに倍・倍で増えていき、直径1cmのシミの場合は数十万円の費用がかかります。

効果が高いレーザー治療ですが、その分お値段も高いので中々手が出ないのが現実です・・・

レーザー治療は肌を削る治療・失敗のリスクも・・・

【治療翌々日】治療を行った後のお肌は、火傷を負った状態と同じで、傷跡そのものです・・・

シミ取りレーザー治療は、シミだけを蒸発させるのではなく、シミのある部分の皮膚の組織をレーザーで根こそぎ削り取る事でシミを除去します。

そのため、技術が未熟な医師に施術を受けると、「削りすぎ」「レーザーの当てすぎ」になってしまう場合があり、

下手をすると余計に傷跡が目立ったりケロイドになってしまう可能性もあります。

顔に絆創膏を貼らなければならない

シミ治療を受けるとしばらくは、外出時に絆創膏を貼るという決まりがあり、貼らなければ色素沈着を起こしてしまいます。

写真のような状態で外出する事になるので、結構目立ってしまいます・・・

シミ取りレーザー治療のケア方法・絆創膏

シミは治療よりも予防が大切

シミは治療を受ければきれいに消す事ができますが、大変な治療になり費用もかかってしまいます。

そうならないためにも、効果的なスキンケア・ケア用品を選ぶ必要があります。

シミは、日焼け止め・美白化粧品等で予防する事ができ、毎日ケアを行っている人とケアを行わない人とでは20代中盤~30歳頃になると大きな差が出てきます。

厚生労働省認定!効果の高い医薬部外品で予防しよう

日焼けによるシミ対策・ケアをうたう化粧品やサプリメントは100円均一・ドラッグストア・通信販売さまざまな場所で売られていますが、効果を感じない事も多くケア用品選びに迷ってしまいます。

(購入して失敗したと思った化粧品・衛生用品のほとんどが一般の商品)

シミのケア用品に迷われている方におすすめなのが、厚生労働省のお墨付きを得た「医薬部外品」で、

医薬部外品には、厚生労働省の認める有効成分が一定基準以上含まれているので効果が期待できます。

【写真】馴染みが良くみずみずしさが特徴のエバーピンク・ホワイトセラム

例えば「エバーピンク ホワイトセラム」には、L-アスコルビン酸2-グルコシド(皮膚科でも使用されている)と呼ばれるメラニン色素の生成を抑える成分が基準値以上含まれています。

定期コース【初回980円】エイジングケアも叶える美白美容液

送料無料・980円で試せる効果的なシミ予防




【送料無料】初回限定980円※85%OFF『エバーピンク ホワイトセラム』

ペネロピムーンのオールインワン美白美容液  「エバーピンク ホワイトセラム」は、有効成分L-アスコルビン酸2-グルコシドが含まれた医薬部外品にも関わらず、

初回価格980円で試す事ができるシミ予防化粧品です。

  • 定期コース 初回限定980円(税込)※85%OFF
  • 送料無料
  • 定期コースの休止はいつでも可能

なので、気軽に試す事ができます。

いつでも休止する事ができ、1回のお試しでもOKなので安心して試す事ができるので、お得にシミ予防対策を始めたい方におすすめです!

公式サイト:【エバーピンク ホワイトセラム】