歯が汚い原因!歯が茶色に汚れる原因と白くする方法【写真】

茶色で汚い前歯の写真・歯が茶色に汚れた原因・白くする方法の体験談をご紹介します。

%e3%82%84%e3%81%ab%e3%81%a7%e6%b1%9a%e3%82%8c%e3%81%9f%e6%ad%af
前歯に茶色い縦線が入り、汚れてしまっています。初めは虫歯かと思いましたが、虫歯ではなく、いくつかの原因で汚れてしまいました。

前歯が茶色く汚れてしまう原因

歯並びの悪さ

%e6%ad%af%e3%81%ae%e6%b1%9a%e3%82%8c

歯並びが悪いと、十分に歯を磨く事ができず、汚れが貯まります。

写真を見て頂けば分かるように、綺麗な歯並びの上の歯には茶色い汚れが少なく、

歯並びがガタガタな下の歯はとても汚い事が分かります。

タバコのニコチン

ヘビースモーカーの家や喫煙所の壁の色は、タバコの煙に含まれる有害物質で黄色や茶色に変色している事が多いのですが、

タバコを吸うと、壁だけではなく歯も黄色や茶色に汚れます。

ワインのタンニン色素

赤ワインは、真っ赤な赤色をしており、含まれる色素が歯に着色汚れを付ける事は有名です。

日本人はワインを飲む人が少ないので、あまり気にしなくても良いかもしれませんが飲んだ後は水を飲む等して洗い流すと着色汚れが付きにくくなります。

コーヒー・紅茶のステイン

コーヒーと紅茶は本当に歯が汚れます。

私の歯は、このようにすごく汚くなってしまいましたが、

%e6%ad%af%e3%81%ae%e6%b1%9a%e3%82%8c

その一番の理由はコーヒーで、在宅ワーク中にダラダラと1日5杯程度飲んでいるのでこのように汚くなりました。

当初は、タバコが原因と思っていましたが、5ヶ月禁煙していてもこのように汚れたので、コーヒー・紅茶の歯への影響は絶大です・・・

茶色い歯を白くする方法

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%8b%e3%82%ab%e4%bd%bf%e7%94%a8%e5%be%8c

線状になった歯の茶色の汚れは、普通の歯磨きやジェル状のホワイトニングジェルではほとんど効果が無く、落とすためには特別なケアが必要です。

歯医者でクリーニングをしてもらう

ドクターズコスメ

確実に歯を綺麗にしたいのなら、歯医者に行ってクリーニング(歯科検診とセットなら健康保険が適応される)をしてもらって下さい。

メリット

  • 歯科検診とセットなら保険適応
  • 歯石も除去してくれるのでスッキリする
  • 虫歯・歯周病の早期発見につながる
  • フッ素塗布処置もしてくれる場合があり虫歯予防になる

デメリット

  • 予約が必要な場合が多く、忙しい人には不向き
  • 歯医者に怖いイメージがある人はハードルが高い
  • 数千円の費用がかかる

研磨剤入りの歯磨きを使う

父親が、研磨剤入り歯磨き粉を使っていて、

「やにが一発で落ちる」

「お前も使ってみろ」

と喜びながら私にも勧めてきますが、絶対使いたくありません。

その理由は、歯医者に行った時に

「研磨剤は歯を削って傷めるので使用しない方が良い」

と歯科衛生士さんからアドバイスされたからで、これから何十年も使う歯を傷めたくないからです。

ポリリン酸で歯の汚れを吸着する

ミュゼプラチナム・ポリリンキューブ

研磨剤入りは使いたくないので、汚れを吸着して落とすタイプのホワイトニング商品を探し、

ミュゼプラチナム・ポリリンキューブ

というポリリン酸で、汚れを浮かせてスポンジに吸着させて落とす商品を試しました。

3回分で500円程度とリーズナブルな価格ですが、効果は絶大で、茶色の汚れが落ちてツルツルの歯になりました。

ポリリンキューブでは歯石は落ちないので、歯医者の方が効果的ですが1回当たり170円程度でキレイになるので、少ないお金で手軽にホワイトニングができます。

ポリリンキューブの詳細・値段はこちら