虫歯の無痛治療を受けた体験談|大人の歯科恐怖症克服ブログ

歯医者

大人になっても歯医者が怖い!歯科恐怖症のアラサー女性が虫歯になってしまい無痛治療を行っている歯医者で痛くない虫歯治療を受けた体験ブログ

歯科恐怖症を克服する第一歩となった体験をご紹介します。

動悸に震え・・・身体的な症状が出る歯科恐怖症

大人になってからの痛みを伴う複数回の歯科治療が原因で、

恐怖で歯医者に中々行けない、治療前や治療中に動悸や体の震えが起きて、医師にも分かる程の身体的な症状が出る歯科恐怖症になってしまい、

4年以上歯医者に行く事ができなくなってしまって困っていました。

心理的な症状~肉体的な症状まで多くの症状があり、長くなるので歯科恐怖症の症状に感心をお持ちの方は歯科恐怖症の詳しい症状をご覧ください。

歯科恐怖症の詳しい症状

象牙質まで進行したC2の虫歯を発見して悩む

永久歯虫歯銀歯

治療の必要の無い初期虫歯C0~C1が悪化して、中で広がってきていて黒く透けてきている虫歯(奥から3本目)を発見しました。

このタイプの虫歯は絶対に治療しないといけない虫歯で、

穴はそんなに空いていないけど、黒く透けている虫歯を放置すると歯の中でどんどん広がり、その後は大きな穴が空いてしまうというものでした。

絶対に放置してはいけない虫歯でしたが、前回の治療のトラウマで中々歯医者に行く事ができず、結局は発見してから1年半程度放置してしまいました。

歯科恐怖症に対する無痛治療の歯科医院の対応

歯科医院の口コミサイトで痛くない治療に力を入れている歯科医院を探し、電話で痛みの無い治療を希望している事を伝え、

治療前の歯科衛生士とのカウンセリングでも、

  • 歯の治療に強い恐怖を感じている
  • 痛いのは嫌だ

という事を伝えた結果、虫歯の無痛治療を行ってもらう事になりました。

治療を始める前に麻酔をしてくれる

無痛治療を行っている歯科医院で「痛いのが嫌だ」という事を治療前に伝えておくと、

痛みが出る確率が少ない虫歯であっても、治療の前に麻酔をしてくれるので安心して治療を受ける事ができます。

一般的な歯科医院の場合は、痛みが出る確率が高い場合か痛みが出てからの麻酔の場合が多いですが、

無痛治療・痛みの少ない治療を行う歯科医院の場合は最初から麻酔を行ってくれます。

痛くない麻酔注射の工夫

虫歯無痛治療引用元:http://www.ochi-shika.com/12/21/

無痛治療を行う歯科医院の場合、麻酔の方法や器具にもこだわりがあり、

  1. 初めに注射をする歯茎の表面に麻酔の塗り薬を塗ってくれる
  2. 麻酔した歯茎に麻酔の注射を打つ
  3. 時間をかけてゆっくりと薬を注射してくれる
  4. 痛くない麻酔専用の機械を使っている
  5. 薬の温度を人肌程度に調節している

という方法で麻酔の注射自体の痛みも感じにくいようにして工夫をしています。

日本全国の歯医者さんを検索できる!&口コミなら【口コミ歯科・歯医者】へ

歯を削る時のドリルの音と痛みに対しての恐怖があるだけで、麻酔の注射に対しては恐怖心はありませんが、ここまで配慮をしてくれていれば安心です。

無痛治療の虫歯治療の特徴

歯医者レントゲン

麻酔が効いていよいよ歯を削る治療・・・歯科恐怖症の大人の虫歯治療の特徴をご紹介します。

歯を削るドリルの当て方が丁寧で優しい

歯科恐怖症に対する虫歯治療を行う歯科医院の歯の削り方は、一般的な歯科医院と比べて丁寧でソフトな感じで、

歯にドリルを押し当てて一気に削る

というような事をせずに

ゆっくりと丁寧に削ってくれたお陰で「ドリルを押し当てられどこまでも穴が空く」ような恐怖心を感じる事があまりありませんでした。

恐怖を感じている事・体調は大丈夫か確認

ゆっくりと丁寧な削り方であっても、「歯を削る治療」に対する恐怖心はとても強く、無意識に顔が動いて逃げてしまったり、震える事がありました。

そんな時は歯を削る治療を一旦中断して

  1. 体調は大丈夫か?
  2. 治療は続けられそうか?
  3. 痛みは無いか?

を2~3回確認して治療を進めてくれました。

麻酔が効いていても痛みが無いか何度も確認

無痛治療を行う歯科医院では、痛みに対しての配慮が徹底されていて、

  1. 歯を削る前に麻酔が効いたかどうかの確認
  2. 少し削った時に痛くないかの確認
  3. 動いてしまった時に痛みは無いかの確認

と「痛くないかどうか?」の確認が頻繁に行われました。

虫歯治療を受けた事を歯科医師から褒められる

歯科恐怖症に対する無痛治療を行う歯科医院の場合、恐怖で受診できない患者の心理を医師は理解してくれています。

一般的な歯科医院の場合は、

  1. 怖くて治療中に動くと注意されたり怒られる
  2. 歯磨きが下手な事で怒られる

という感じでしたが、

無痛治療を行う歯科医院の場合は、

  1. 治療を受けられてえらいね
  2. 大丈夫だからね

と声掛けをして頂けました。

虫歯の治療を受けて褒められるのは人生で初めてで、歯科医に対する恐怖心が少し和らぎました。

麻酔が切れても歯の痛みが無い!何でも食べられた

バランスの良い食事

【写真】C2の虫歯の治療を終えた直後は場合この程度の食事でも痛みが出る場合があります。

今までの経験からC2の虫歯治療を終えた直後は、

  • 冷たいものがしみる
  • 噛むと痛い
  • 歯磨きの時に口をゆすぐと痛い

という症状が高い確率で出て2週間程度は続く事が多いので、その事が不安でした。

しかし、丁寧な治療をコンセプトにした無痛治療の場合は、治療直後の歯に冷たい水が当たってもしみず、少し硬い物でも痛みを全く感じる事が無く普段通りに食べる事ができました。

薬用パールホワイトプロシャインy (1)

歯科治療直後に普通に歯磨きができる事は本当に嬉しい事!

麻酔が切れて「どの程度の痛みがあるのか?」を

  1. 常温の水を口の中に入れてみる
  2. 冷蔵庫に入った冷たいお茶を飲んでみる
  3. そのお茶を治療した歯に当ててみる

という方法で試しましたが、

どれも全く痛みを感じず、虫歯治療が終わった事が本気で嬉しかったです。

日本全国の歯医者さんを検索できる!&口コミなら【口コミ歯科・歯医者】へ

歯科恐怖症が少し克服!他の歯も治療を受けたいと思う

歯科恐怖症に理解のある無痛治療を行う歯科医院では、

  1. 怖いと感じている気持ちを分かってくれている
  2. 歯を削る事に対する恐怖心を理解してくれている
  3. 治療がゆっくりと丁寧

だったので、治療中や治療後の痛みを感じる事が無くて、これだったら1年半前に行っていれば良かった!

虫歯が進行する恐怖と治療の痛みに対して悩んでいた1年半は何だったのか・・・

と歯医者に行かなかったと後悔しました。

永久歯虫歯銀歯

【治療前の写真】今回は第二小臼歯の治療を行いました!次回の歯石取りの際に一番奥の歯の事も相談します!

あと1本詰め物に不具合が出てきている歯があるので、放置するのではなく1週間後に歯石除去に行った時に相談しようと思える程になりました!

1週間後の受診時に相談したところ、一番奥の歯の詰め物に問題は無い・治療が必要な虫歯も無いとの事で「治療が必要な歯と治療の恐怖に悩まずに済むようになった」ので、

怖くても歯医者に行って良かったと思いました。

痛くない治療を行ってくれる歯医者の探し方




日本全国の歯医者さんを検索できる!&口コミなら【口コミ歯科・歯医者】へ

インターネット検索を行うと色々な歯科医院の情報が表示され、一つ一つ探していると結構な時間がかかります。

全国の歯科医院の情報・口コミ・医院紹介を一度にチェックする事のできる歯科専門サイトなら、

検索や評判をチェックが簡単で歯科恐怖症に理解があって痛みの少ない治療を行ってくれる、最寄りの歯医者さんを検索する事ができます。

歯科専門ポータルサイト【口コミ歯科・歯医者】で歯科医院を検索!