逆流性食道炎と病院|内科受診の診察内容・処方された薬・検査

%e6%b2%bb%e9%a8%93%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%89

吐き気・食欲不振・食べ物や胃酸の逆流という症状の逆流性食道炎で内科を受診した体験記!

  1. 症状と受診までの経過
  2. 放置する事を検討→病院を受診するに至ったきっかけ
  3. 何科をに行けば良いか分からなかった事
  4. 内科の診察で行われた事
  5. 処方された薬

等についてご紹介します。

逆流性食道炎・胃潰瘍の不快な症状

胃や消化器系に問題が多く、今年の1月~2月には「嘔吐」「胃痛」「体重6㎏減」「食べ物の逆流」「胃酸の逆流」「食欲不振」「常に気持ちが悪い」という症状に悩まされていました。

病院を受診したのは7月で今回の症状は、

  1. 胃痛(薬局の薬で受診までに治った)
  2. 食欲不振(薬局の薬で受診までに治った)
  3. 吐き気
  4. 胃酸の逆流
  5. 食べ物の逆流
  6. 胃もたれ

という感じでした。

病院受診1週間前に市販薬のファモチジン錠を購入

ファモチジン20㎎

【写真】1月に病院で処方されたファモチジン20㎎

胃痛・嘔吐でファモチジン20㎎が処方された事があり、薬を飲むと胃痛は治ったので市販薬で同じ成分の薬を探して購入する事に。

一般の薬局では20㎎は販売されていないという事で「クニヒロ」ファモチジン10㎎を購入。

胃が痛い時に飲むと1時間以内で痛みは無くなり、4~5回飲むと痛みの程度や頻度はかなり治まりました。

【購入した胃痛の市販薬ファモチジン】

【第1類医薬品】ファモチジン錠「クニヒロ」 12錠

受診のきっかけは旅行で友人に迷惑をかけたくないから

市販薬のファモチジン錠は効果があり、満腹まで食べない・お酒を飲まなければ、痛み・強い吐き気は感じなくなりましたが、その他の症状は残っていました。

食後の軽い吐き気・胃もたれ・胃酸の逆流・食べ物の逆流という苦痛の少ない症状で病院に行こうと思った理由は、1週間後の旅行で体調を崩して友人に迷惑をかけたくないと思ったからです。

体調不良友人心配【写真】病院に行かずに放置する事を心配された手紙・・・

1月にも同じ友人と長期で旅行に行き、嘔吐・腹痛で迷惑をかけてしまい体調不良を放置する事に対して心配されました・・・

今回は同じことが無いようにしたいので、1週間後までに完全に治しておくために受診する事にしました。

逆流性食道炎の症状を相談!内科を受診する事に

逆流性食道炎の疑いで受診する事にしても、

消化器内科?一般内科?外科???

どの科なのか分からず、

受診予定の病院に電話をして確認する事に。

  1. 食べ物・胃酸の逆流
  2. 胃もたれ
  3. お腹がいっぱいまで食べると吐き気がする

という症状を伝えると、

「その症状で初めての場合は内科を受診して下さい」

と案内されました。

逆流性食道炎の診察で行われた事

カウンセリング

初診の場合、内科で行われる事は問診・病歴聴取・症状に対しての聞き取りが主な内容で、

「薬局の薬を飲んでいたら胃痛は治まった」と言うと

腹部の触診は簡単な感じでした。

逆流性食道炎の診察で医師から聞かれた事は、

  1. 症状に関する事
  2. 飲んでいる市販薬の名前と効果はあったか
  3. 以前(1月)に同じ症状が出た時は病院に行ったか
  4. 以前(2月)はどんな症状だったか

という内容で、逆流性食道炎の強力な薬「ネキシウムカプセル20㎎」が処方される事になりました。

医師からの忠告!
薬を飲んで治らなければ胃カメラで精密検査が必要

注意

逆流性食道炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療薬「ネキシウムカプセル20㎎」は強力な薬なので、

飲んでいれば症状は落ち着いてくる

2週間分処方したので全て飲み切って下さい

と指示がありました。

もし薬を飲み切っても症状が落ち着かない場合は、

「胃カメラで精密検査をする必要がある」

「治らなかった場合は胃カメラの予約が必要になる」

と言われました。

処方された薬はネキシウムカプセル20㎎14日分

ネキシウムカプセル20㎎ (2)【写真】逆流性食道炎の治療薬ネキシウムカプセル20㎎

逆流性食道炎の治療で処方された薬は、ネキシウムカプセル20㎎を14日分で「飲み切るように」と指示がありました。

ネキシウムカプセル20㎎ (1)【写真】ネキシウムは胃酸を強力に抑える事が目的の薬です。

ネキシウムカプセル20㎎の効果・効能は、

  • 胃酸の分泌を抑える作用
  • ピロリ菌の除菌に使う
  • 食道炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療

だという事で、

ネキシウムカプセルの飲み方は、1日1回朝食後の服用です。

薬をもらったのは昼頃だったので、その日だけは昼食時に飲んでも良いとの事でした。

逆流性食道炎の初診の治療費・薬代の内訳

因みに薬価は、145.10円(1カプセル)です。