頭痛で病院に行ったら何をするの?診察・検査・薬【体験談】

原因不明の頭痛を改善するために、脳神経外科外科を受診した体験談。診察・検査・薬などの体験談を交えつつ、頭痛で病院を受診すると何をするのか?をご紹介します。

%e6%b2%bb%e9%a8%93%e9%ab%98%e9%a1%8d%e5%a0%b1%e9%85%acget%e3%83%8a%e3%83%93

頭痛の検査は?何科を受診すれば良いの?

頭痛で病院を受診する際に、冬場に熱が出て頭が痛かった時には内科を受診した経験があるので、「内科」か「脳神経外科」のどちらなのか?と悩みました。

分からなかったので、病院に問い合わせたところ頭痛が主な症状の場合は「脳神経外科」だと言われたので、脳神経外科を受診する事になりました。

頭痛の診察・検査の内容

頭痛で受診した場合、

  1. 頭痛のタイミングや痛みのタイプのチェックシートの記入
  2. 記入したシートを基に医師との質疑応答
  3. 脳に異常が無いか検査するためにMRI又はCT撮影
  4. 検査の結果を基に考えられる疾患の説明
  5. 薬を処方

という流れで診察は進みました。

診断と薬

%e9%a0%ad%e7%97%9b%e7%97%85%e9%99%a2%e8%96%ac

検査の結果は脳に腫瘍や血管のつまり等の異常が無く、片頭痛と診断されました。

私の場合、片頭痛が起こる前に頭が重くなったり気分が悪くなるという前兆があるので、前兆の段階で頭痛を抑えてくれる薬を処方してもらう事になりました。

その薬は、効果も高い新薬で驚くようなお値段で、

1粒1000円で、保険適用でも300円という破格の高さでした。

1度は処方してもらいましたが、金銭的な問題だけではなく、薬を飲み続けるのは副作用や体への悪影響も心配なので、自分で対策をする事にしました。

自分でできる頭痛の改善方法

薬の影響や値段が気になったので、頭痛の原因や対策方法を調べて体に優しい方法で頭痛対策をする事にしました。

  • 貧血気味
  • 疲れると頭痛が起こりやすくなる
  • 生理前に頭痛の頻度が高い
  • 睡眠不足で頭痛が起こる確率が大幅に上がる

という傾向があるので、貧血改善と体質改善を行う必要があると感じました。

偏頭痛の改善のために行った事

頭痛が起こるタイミングや原因の予想が付いたので、生活習慣や体質の改善を努力して偏頭痛の改善に取り組む事にしました。

1.貧血の治療と予防

%e7%be%8e%e3%82%81%e3%81%90%e3%82%8a%e7%bf%92%e6%85%a3%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0-4

貧血も頭痛の原因だと言われているので、まずは病院で貧血を治療し、その後は健康食品やサプリメントでしっかりと鉄分を補い、再度貧血にならないようにしています。

貧血を治療してからは、疲れる事が少なくなり、それに合わせて頭痛の頻度も減りました。

写真:鉄分補給サプリ【美めぐり習慣】

2.睡眠不足の対策

睡眠不足も偏頭痛に関係が深い事が分かったので、しっかりと睡眠時間を取り、無理をしない事を心掛けるようにしました。

しっかりと休むと頭痛の頻度は下がりますが、仕事や遊びの都合もあるので常にできる事ではありません。

3.頭痛対策サプリの服用

%e3%81%9a%e3%81%8d%e3%81%97%e3%82%89%e3%81%9a

頻度は減ったものの、貧血を治療しても頭痛が起こる事もあり、体質的に頭痛が起こりやすい事が分かり、

貧血対策だけでは不十分だったので、頭痛を防ぐ成分が配合された頭痛対策専門のサプリを試す事にしました。

写真:頭痛解消サプリメント【ずきしらずの実】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加